ホノルルコーヒーが閉店しましたね。

2022年1月6日をもってなんと全店舗が閉店という衝撃の事態!

私ははじめ、ホノルルコーヒーの麻布十番店の張り紙を見て知りました。

麻布十番店だけが閉店なのかと思ったら、日本全国のホノルルコーヒー13店舗が一斉閉店とのこと。

 

パンケーキやコナコーヒーが大好きで、通い詰めていただけにとてもショックです(´;ω;`)

 

そこで気になるのは、ホノルルコーヒーが閉店する理由です。

なぜホノルルコーヒーは人気店なのに一斉閉店なのでしょうか?

 

当記事では、ホノルルコーヒーのファンの一人として、閉店理由を考察してみました。

ホノルルコーヒー閉店理由!一斉閉店はなぜ?考察してみた

ホノルルコーヒーはご存知、ハワイをテーマとしたカフェ。

ホノルルコーヒーはハワイ・オアフ島で1991年に誕生。

ハワイで栽培される高級コーヒー「コナコーヒー」が売りで、ハワイのほかグアムや台湾などにも出店していたようです。

 

日本ではフジオフードシステム(大阪市)が独占フランチャイズ権を獲得し、12年4月に東京・お台場で1号店を出店。

 

その後は首都圏を中心に地方でも出店を重ね、18年6月時点で国内に22店舗を展開

閉店時の2022年1月6日には国内に13店舗ありました。

 

「新型コロナウィルスの感染拡大と諸般の事情により、2022年1月6日(木)をもちまして日本のホノルルコーヒー全店舗を、閉店することとなりました。
開店以来長らくご愛顧いただきました皆々様に、心から厚く御礼申し上げます。

日本のホノルルコーヒーは全店舗閉店となりましたが、ハワイのホノルルコーヒーでは、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

また自由に日本とハワイを行き来できる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

ホノルルコーヒーHPの閉店アナウンス
なるほど・・・
ここで2つの事情が明らかに!

ホノルルコーヒー閉店理由:コロナ感染拡大

ホノルルコーヒー閉店理由の1つ目は、やはりコロナ感染の拡大ですね。

私は東京港区の麻布十番店を愛用していました。

正直、コロナ禍でも結構混雑していたのでそこまで経営が悪化しているとは思えなかったのですが・・

朝から、パンケーキを頼む若い女子、

週末家族連れでパンケーキを楽しむファミリー、

ジョギングの合間に珈琲をテイクアウトする外国人カップル、

幼稚園送迎合間にコーヒーを楽しむママさん

 

と色々な利用客がいましたが・・。

 

やはりコロナ感染拡大で、地元の人間はまだしも、観光客などは減っていたのかな?

どちらにせよ、飲食業界はコロナの影響で経営状態は全国的には悪化しているので、その影響は避けられなかったようです・・・

ホノルルコーヒー閉店理由:フランチャイズ契約の満了

ホノルルコーヒー閉店理由の2つめは、フランチャイズ契約の満了。
恐らくこちらのほうが理由としては強力なのでは?と考えています。
ホノルルコーヒーはハワイ・オアフ島で1991年に誕生し、その後にほんではフランチャイズ化されたようなので、フランチャイズ契約の満了に伴い一斉閉店したのでしょうね。
残念ですが、契約更新するほどには流行っていなかったということでしょうか・・・残念です(´;ω;`)
<

ホノルルコーヒー閉店後は?

先程、ホノルルコーヒーの麻布十番店前を通ったら、張り紙が!
写真撮り忘れたのですが、「タルトと珈琲のカフェ」が2月9日にオープンするそうです!
「閉店後の店舗には、同社の新業態の飲食店を出店する予定」という報道とも一致しますね。
もしかしたら、全国のホノルルコーヒーは一斉に2月9日に新しいカフェに生まれ変わるかもしれませんね!
(麻布十番店だけってことはないのでは・・?)
楽しみです❤
<

ホノルルコーヒー閉店を悲しむ声の数々

 

ホノルルコーヒー閉店理由!一斉閉店はなぜ?考察まとめ

いかがでしたでしょうか

ホノルルコーヒー閉店理由を考察してみました。

 

個人的にとても大好きなカフェだったのでとても残念ですが、新しいカフェのオープンを心待ちにしております!

 

オープン後、新しいカフェのレポートもしますのでお楽しみに。

 

タルト好きなので、今から楽しみです♪

おすすめの記事